不動産を買う

不動産を買う_メインイメージ

①【適正価格の把握】

成約事例を基に適正な相場感を把握、市場に出ている物件と比較し、買付価格(購入希望価格)を検証する事。

②【正確な物件内容の把握】

物件所有に係るランニングコスト、設備の瑕疵など、いかに正確に物件に対し理解をし、購入の是非を判断する事。

③【税金優遇制度等の活用】

住宅ローン控除、住まい給付金等を活用し、諸経費を抑える事。

不動産を買う_Step1

「住まいのご購入」は、人生のなかでも大切な事柄です。

住まいのご購入にあたっては、借入額や自己資金を把握して、計画を立てることが大切です。

自己資金には物件の価格以外に諸費用も含めて考えてください。

 

諸費用となるものを挙げてみると

印紙税、登記費用、固定資産税、都市計画税、不動産取得税、 登録免許税、火災保険料、ローン事務手数料、仲介手数料、引越等の費用などが考えられます。

不動産を買う_Step2

資金計画をもとに、お客様の要望を叶えられる物件をお探しします。

当社独自のネットワークを駆使し、ポータルサイトには出ていない物件なども日本全国から収集します。

ご希望の地域、条件ほか、周辺環境やハザード情報なども確認致します。

不動産を買う_Step3

実際検討した物件の現地見学、またオープンハウスに参加します。

物件でチェックしたいところは様々ですが主に、

敷地面積/建物の外装・内装(ひび・すきま等)/居室の導線(生活しやすいか)/日照の具合/収納の有無/駐車場・駐輪場の有無/交通機関(駅までの所要時間、始発・最終電車の時間等/道路の状況(交通量等)があげられます。ファミリー層は学区も検討材料のひとつに入ります。

不動産を買う_Step4

物件が決まったら、購入申込を行います。その後、売買契約に進みます。

購入申込後、代金の支払や引渡時期などの確認を行います。

準備が整い次第、重要事項の説明、そして不動産売買契約と進んでいきます。

重要事項説明重要事項説明は、物件についての重要な事項を説明することです。

仲介を行った宅建業者は宅地建物取引士より「重要事項説明書」の説明を行います。

不動産を買う_Step5

購入するために必要な住宅ローンの選択、借り入れの手続きを行います。

ローンには大きく分けて公的融資・民間融資の2つがあります。

 

公的融資

フラット35や財形住宅融資など、国や自治体が住宅取得のために展開している融資制度です。

 

民間融資

都市銀行、地方銀行、生保、信販会社などさまざまな機関が住宅ローン向けの商品を販売しています。種類は多くあり、融資条件や利率等は各機関により異なります。当社付き合いのある銀行を紹介可能です。

不動産を買う_Step6

残代金を支払い、所有権と鍵を受け取り、入居に至ります。

入居した後のトラブルを防止するために、売主・買主双方で物件の状況確認を行い、鍵の引渡しを行います。引越しに際しては、住民票の移動、各機関への住所変更の届出などを行う必要があります。