不動産を査定する

不動産を査定する_メインイメージ

①【適正価格の把握】

成約事例を基に適正な相場感を把握、市場に出ている物件と比較しどこまで高値チャレンジが出来るかをしっかりと検証する事。

②【市場動向の把握】

世の中の流れを汲み取り、販売開始時期・価格等を分析する事。

③【物件特性の把握】

マンション全体・お部屋自体のメリットデメリットを理解する事。敷地内の仮測量や高低差による造成費用等を事前把握する事で、販売後のトラブルを未然に防ぎ、スムーズな販売活動に備える事。

不動産を査定する_Step1

自分の持ち家などがいくらになるかを知ることが、売却への第一歩になります。

ポータルサイトや不動産会社のHPで、似た物件を知ることは出来ますが、まったく同じ物件はありません。

より正確なものを出そうと思ったときには「査定」という方法を行うのが一般的です。

不動産(土地)は「一物四価」と言って、「実勢価格、公示価格、路線価、固定新税評価額」の4つで価値を判断していきます。

不動産を査定する_Step2

実際に不動産の価格を査定していく方法には、「必要最低限の情報で概算を行う机上査定」と、「依頼者から詳細な資料をもらい、役所との確認作業や実際に現地へいって調査する訪問査定」の2種類があります。訪問査定は机上査定に比べてはるかに細かく価格を出していくため、価格算出までに時間はかかりますが、より正確な価格を出すことができます。室内・日照・近隣環境なども査定材料となります。

不動産を査定する_Step3

査定を行うにあたり、必要になってくる書類がございます。

 

・登記簿謄本 ・公図 ・測量図 ・建物の図面 ・登記済権利証・重要事項説明書 ・建築関係書類など(いずれも必須ではありません)

その他、その物件の所有者全員の、身分証明書、実印、印鑑証明書、住民票が必要です。

特に共有名義になっている場合は、その名義人全員分が必要です。

資料や情報が不足している場合や不明な場合は、その旨もご相談ください。

不動産を査定する_Step4

査定後は、査定書などの書面をもとに査定価格の説明をさせて頂きます。

「なぜその金額になったのか」詳しくご案内させて頂きます。

専属専任媒介契約や専任媒介契約を結びたいがために、異常に高価な査定額を提示してくる不動産会社もいますので注意が必要です。

こちらまでが無料査定の流れとなります。契約後の流れに関してはこちらをご参照ください。