不動産を売る

不動産を売る_メインイメージ

①【営業力・お客様対応力】

物件・エリアの特性を理解し、検討していただくお客様にメリットデメリットをいかに効果的にお伝えできるか。不動産取引に係る諸手続き(税務内容含む)をいかにスムーズに執り行う事が出来るか。

②【競合他社とどれだけ協力できる体制が組めるか】

不動産情報は鮮度が命。販売開始当初から競合他社と手を取り、いかに素早く市場のお客様方に情報を行き届かせる事が出来るか。

③【最適な販売手法を取る事】

一般の方に売るのか、不動産会社に売るのか。一般住宅とアパートなど分筆をしてそれぞれ金額を高める手法など。ありとあらゆる手法を用い成功売却へと導く事。

不動産を売る_Step1

インターネットの不動産情報サイトの検索やチラシなどを見てある程度の不動産相場は把握できると思いますが、一番手っ取り早いのがプロに聞くことです。

今はどこの会社でも無料で査定してくれますので、気軽に依頼すればよいと思います。

不動産の売買仲介会社(宅建業者)へ査定を依頼することで、より確実な価格を把握できます。

不動産を売る_Step2

土地、建物の売買の仲介を宅建業者に依頼する契約のことです。

土地、建物の売買をしようとする場合、自分の希望する条件(価格、引渡し時期等)に合った適当な相手を広い範囲から探し出すことば極めて困難です。そこで、これらの取引をする際に、両者の間をとりもつことを専門としている宅建業者に、取引の相手方を探すよう依頼することになります。このときの依頼契約を媒介契約といいます。

媒介契約は、以下の3種類あります。

(1)依頼者が他の宅建業者に重ねて依頼することができる一般媒介契約(明示型と非明示型がある)

(2)依頼者が他の宅建業者に重ねて依頼することができない専任媒介契約

(3)依頼者が依頼をした宅建業者が探索した相手方以外の者と売買又は交換の契約を締結することができない専属専任媒介契約

不動産を売る_Step3

依頼を受けた宅建業者は買主を探すために様々な方法で販売活動を行います。

各ポータルサイトへの掲載、チラシ広告などを行います。

依頼主は宅建業者からの報告を受けるのみで、何もすることはありません。

不動産を売る_Step4

宅建業者は購入希望者が見つかると購入申込書を提示します。そこから価格の交渉や引渡しの時期、特約事項等の調整を行い契約書類を作成します。

一般的に宅建業者の事務所で売主買主が調印し、買主から手付金を受領します。

契約後は買主がローンの本申込みをしてローン承認を得てから、売主は土地の確定測量を行います。その期間約2か月ぐらいです。

自宅を売却する場合は引越しの準備も必要になります。

不動産を売る_Step5

一般的には買主指定の銀行に、売主・買主・司法書士・宅建業者が全員出席して手続きをします。

司法書士が所有権移転に必要な書類を確認した後、買主から残代金を受領して完了です。