不動産相続

不動産相続_メインイメージ
トップ_各種プロフィッショナルと連携

お葬式の後10か月以内に

相続手続きが必要です。

不動産の相続が発生した場合、相続発生日の翌日から

10か月以内に申告(相続税納付)をしなければなりません。

葬儀後は、役所などへの各種届出・手続きがたくさんあり、気づいたら四十九日が来てあっという間に数年経っていたということに多くの人がなってしまいます。

 

ご実家(不動産)の手続きは落ち着いてからで良いと思っていませんか。

事前準備が足りず、相続税の納付期限が来て不動産を安く売却せざるを得ない状況に陥っている方も多くいます。

またほかにもこんなデメリットが発生する可能性があります。

相続不動産を放置していた時のデメリット

複雑な権利関係

相続登記をせず次の相続が発生した場合、相続人が増加します。

これを繰り返していくと、権利関係が複雑になってしまい、相続登記や不動産の売却をするのが非常に困難になります。

 

固定資産税・都市計画税の負担

不動産の所有者には毎年固定資産税及び都市計画税が課税されます。

また、家屋を取り壊して更地にした場合は、それまでよりも固定資産税及び都市計画税の負担が大幅に増加します。

 

差し押さえ

相続した不動産に抵当権が設定されている場合は、万が一の時に債権者から差し押さえられる恐れがあります。

 

景観が悪化、ご近所トラブル

遠方の不動産を相続した場合は、建物管理やメンテナンスを怠ってしまうと、建物の老朽化による倒壊の恐れ、治安の悪化、環境不良、放火などによって近隣に迷惑をかけてしまう恐れがあります。

このように考えられるデメリットはたくさんあります。

そうなる前に不動産についてもすぐに動きましょう。

「でも、何から始めていいか分からない」そんな方でも大丈夫!

当社が徹底的にお手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。